桜月法律事務所

ご参考までに日本弁護士連合会が2008年に実施したアンケート調査結果があるので、よろしければご覧ください。

※桜月法律事務所の金額とは異なる場合 もございます。目安としてご覧ください。

パンフレット版(PDF)
弁護士報酬(費用)について

取扱分野
民事訴訟・交渉

離婚

相続・遺言

交通事故

債務整理

刑事事件

顧問契約

その他

桜月法律事務所
〒604‐8381 
京都市中京区西ノ京職司町26-15 
新近江ビル4階

お気軽にお電話にてご相談ください
075-802-3070
営業時間 AM 9:00~PM 5:00
土・日曜・祝日休み
平日の夜間もしくは土日祝日でなければ法律相談に来られない方の場合は、適宜対応いたします。
費用
弁護士に依頼して必要になる費用額は、事件の内容によって実に様々です。
種類としては、大きく分けて、弁護士業務への対価としての「弁護士報酬」と事件処理のためにどうしても必要になる「実費」があります。
これらを、事件の内容に応じてクライアントと協議した上で、具体的な金額として見積りますのでご安心ください。

 

弁護士費用の種類
弁護士報酬 (弁護士業務の対価としての金額)
法律相談料 事件の内容にかかわらず、30分あたり5000円(税抜)での定額です
着手金 事件を受任時に発生する費用です
報酬金 事件終了時または一定の成果が出たときに発生する費用です
手数料 原則として一回限りの手続きを行った際に発生する費用です
(例:内容証明作成)

実費

弁護士報酬とは別に、収入印紙代、郵便切手代、謄写料、交通通信費、宿泊料、保証金、保管金、供託金、その他委任事務処理に要する費用等の事件解決に必要な費用です。

費用お支払例

1 電話・メール等で、法律相談の予約

2法律相談後、法律相談料30分あたり5,000円(税別)をお支払下さい

3 相談の結果、費用等を協議の上で、依頼するかどうかを判断する
  (ご要望により見積書作成いたします。)

4 見積もりの結果に納得して、依頼することになった

5弁護士報酬のうち、「着手金」をお支払下さい

6事件が進み、終結した

7弁護士報酬のうち、「報酬金」をお支払下さい

8 事件解決まで立替えていた「実費」額が確定した

9「実費」をお支払下さい

典型的な例ですと、以上のような流れでお支払いいただきます。
ご不明な点がございましたら、ご連絡ください。

▲up